古本屋「がじん堂」です

がじん堂の『あれこれ雑記』へ⇒ 

岩手大学工学部前にある古本屋「がじん堂」です。 

  和書各種(文庫本、新書、単行本、外国人作家の日本語翻訳版本)や、洋書(主に英語版)などを置いています。 日本文学、とりわけ明治・大正・昭和の時代の小説は美しく豊かな日本語の勉強になりますし、旧仮名遣いで書かれた古い本もありますので、古い活字や日本語の良さをじっくり味わうことができます。

 洋書は、字が大きくて簡単な英文の 「子供向き」 から、original英文の 「大人向き」 まで様々あります。たとえば、映画の原作になった小説、映画のシナリオ本、易しい英文に書き換えた英語学習者向けの本、そして絵本。外国の絵本は絵が良くて特にお奨めです。original英文の洋書は日本語翻訳版と併せて読めば英語学習にもなることでしょう。

  若いうちには必ず読んでおくべき本が有り、=年齢にかかわらず読んだ方が良いだろうけれど=、世界には数多くの読むべき良書が存在します。

当店で読みたい本を見つけてもらえれば嬉しいです。

☆★「がじん堂」開店の経緯についてご説明★☆

 そもそもは、昭和61年11月11日に岩手大学工学部裏門(北門)の向かいで「及川不動産事務所」開業したのが始まり。その後、平成12年5月に事務所を工学部正門前に移転し現在に至ります。 ですから本業は不動産業であります。

が、本好きが高じて増えすぎた蔵書を何とか多くの人に読んで貰いたい!!(減らしたい!)と思い、平成24年11月1日に事務所の片隅に本を置き始めたのが古本屋「がじん堂」の始まりです。 

♡思い入れのある本や、若い人たちには是非読んで貰いたい本、グローバル化が声高に叫ばれる今の時代に独学で英語学習を考える人へお奨めの英語学習書や洋書、辞書等を主に並べています。 自宅にはまだまだ在庫(蔵書!)がありますから、探していた稀少本が見つかるかもしれません!!  

という訳で、当店に並べている本は既読の蔵書が多いので内容に偏りがありますが…、探している本が有りましたらその題名著者名を言ってもらえれば在るかどうかはお答えできます。探し出すのに少し時間がかかりますが・・・。

☆以上の状況により、当店では買い取りはしておりません、悪しからず。☆
がじん堂2015-6-1「がじん堂」   古物営業法に基づく表示

及川雅仁 岩手県公安委員会 第211010000891号

広告

古本屋「がじん堂」です」への3件のフィードバック

  1. 次の本を探しています。もし、あればご連絡ください。
     
     1 「原爆 表現と検閲」堀場清子 朝日選書
     2 「占領下の言論弾圧」 松浦総三 現代ジャーナリズム出版会
     3 「そして誰もいなくなった」アガサクリスティーの原書がありますか?
         畠山広子

    いいね

  2. 昨年1月26日に掲載されていた鷗外選集 全21巻(岩波書店)は、まだありますか?
    あれば購入したいと思います。ご連絡お願いいたします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中